今、マリッジリングで注目される「木目金」とは?

数ある結婚指輪の中でも今最も注目を浴びる木目金。その人気の秘密とは?

今、話題の結婚指輪「木目金」

今、マリッジリングで注目される「木目金」とは?

婚約指輪は結納の一部でもあります。

そして、結納とは結婚の約束をした意味あいを持つのです。

もしも「婚約不履行」や「離婚」などとなったら、裁判所では、指輪が正式な証拠の一つと言えます。

婚約指輪や結婚指輪はそれほど大事な物です。

400年も昔の江戸時代に誕生した金工技法「木目金」

異なる色合いの金属を巧みに重ね合わせることで、まるで木目のような、ゆらぎの美しさを生み出すこの技術は、誕生してから現在に至るまで、幾度と無くその存続の危機を乗り越えながら、一部の志の高い技術者の努力により現代まで受け継がれてきました。

もともとは刀の鍔から始まったと言われるこの技法、その後、様々な金属工芸品に応用されるようになり、こんにちではジュエリーにも広く用いられれるようになりました。

とりわけ、マリッジリングの世界ではこの木目金が非常に人気を博しているのだとか。

その理由としては、木目金はひとつひとつを職人が手作りしていることもあり、木目金の結婚指輪は、この世に2つとして同じ物が存在しない、まさに夫婦にとってワンアンドオンリーの指輪だからと言われています。

ただし、組みとなる結婚指輪は、共通する一つの地金から作られることもあり、その2つに限っては同じ木目模様を有しているのです。

つまり木目金の指輪は、他の誰とも一緒ではないけれど、ただ唯一配偶者とのみ、同じ模様を有しているというわけなんです。

なるほど、、、。

木目金が結婚指輪として人気が出るのも自然とうなずけますね。


Copyright (C) www.photographer-greece.com. All Rights Reserved.

今、話題の結婚指輪「木目金」